TOPへ

大腸カメラ(大腸内視鏡)

できるだけ痛くない大腸カメラ(大腸内視鏡検査)

同日で胃カメラ検査と大腸カメラ検査が可能

肛門から内視鏡を入れて腸内の病変などの有無を調べる検査です。大腸ポリープ、大腸がん、過敏性腸症候群、炎症性腸疾患のクローン病や潰瘍性大腸炎といった病気を早く見つけ出すのに役立ちます。疑わしい病変があれば、組織を採取して病理細胞検査を行い、治療の必要性を確認します。

当院は大腸ポリープの日帰り手術も実施しており、検査中に大腸ポリープを発見した場合その場で切除いたします。当院以外の病院で見つかったポリープも切除いたしますので、お気軽にご連絡ください。また、鎮静剤を使用した検査で苦痛の軽減を行い、下剤は院内でも服用できますので、ご希望の方は一度お問い合わせ頂ければと思います。

当院の大腸カメラの特徴

特徴1 鎮静剤を使用し、苦痛を軽減した大腸カメラ

鎮静剤を使用し、苦痛を軽減した大腸カメラ

大腸カメラ検査には、苦痛が伴うと多くの方が認識しておられます。また、痛そうだから検査が怖いとお考えの方もいらっしゃいます。
当院では多くの方に安心して検査を受けて頂くために、鎮静剤を使用して検査中の苦痛を軽減しております。鎮静剤は点滴で導入し、まるで寝ているような状態になったタイミングで検査を開始していき、痛みをほぼ感じないまま検査は終了します。

特徴2 院内での下剤服用またはご自宅での服用の選択が可能

内視鏡専門医による精度の高い検査技術

大腸カメラ検査では、検査が始まる5時間前に下剤を服用し、腸の中を何もない状態にして頂きます。下剤はご自宅か院内でのどちらかで服用して頂くことができますので、患者様のご希望の方を選択して頂きます。当院は、下剤の種類もいくつか取り揃えておりますので、下剤の服用が心配な方はお申し付けください。自分の体質に合ったものを相談の上で決めて頂けます。

特徴3 ポリープ切除を日帰りで実施

ポリープ切除を日帰りで実施検査中に大腸ポリープを見つけた場合、切除可能な大きさであればその場で切除いたします。大腸カメラ検査を定期的に受け、その都度見つけた大腸ポリープを切除することで、大腸がんの発症を防ぐ効果があります。大きいポリープや大腸がんを発見して入院が必要と判断した場合、入院設備の整った病院をご紹介いたします。

特徴4 高性能な内視鏡検査システム・洗浄システムを導入

高性能な内視鏡検査システム・洗浄システムを導入

当院では精度の高い内視鏡システムを取り入れ、患者様に大学病院並みのハイクオリティな検査のご提供を行っております。様々な病気の発見や、体への負担をなるべく軽減して行う低侵襲治療も行えるため、日常生活にも支障をきたすことはほとんどありません。
また、内視鏡専用の洗浄機でスコープの洗浄などを行って、感染症の拡大の予防を徹底しております。

特徴5 土曜日も大腸カメラが可能

土曜日も胃カメラが可能

当院は、土曜日でも大腸カメラ検査に対応しておりますので、平日は来院する時間がない方にも便利です。事前にお電話かWEBで予約をお取り頂いてから、ご来院頂くとスムーズに検査を実施できます。

特徴6 同日で胃カメラ検査と大腸カメラ検査が可能

当院の痛くない胃カメラ

当院では、胃カメラと大腸カメラの検査を同じ日に実施することができます。同じ日に行うと、食事制限や鎮静剤の使用が1回で済むメリットがあります。どちらにしても検査は正確に行えますので、お好きな方を選択ください。

特徴7 リカバリー室を完備

リカバリー室を完備

鎮静剤を使用して検査を受けた方は、目が覚めるまでリカバリー室で休憩して頂きます。
検査が終わったら、患者様が横になられたままストレッチャーでリカバリー室までお運びいたします。

大腸カメラはこのような方におすすめです

  • 肛門からの出血や血液が混じった便が出たことがある方
  • 便秘や下痢をしている方
  • 以前に比べ便が細くなった、排便しにくい感じがある方
  • お腹の張りや腹痛を感じる方
  • 貧血の症状がある方
  • 突然、体重が減少した方
  • ご家族に大腸がんになった方がいる方
  • 人間ドックや健康診断の便潜血検査などで陽性になった方
  • 以前に大腸がんや大腸ポリープを治療したことがある方

大腸カメラで見つかる疾患

大腸カメラの流れ

1お電話またはWEBでのご予約

検査を希望する日の前日までにお電話かWEBでご予約ください。胃カメラ検査の場合、当日に検査を受けたい方はWEBではなくお電話で検査の枠に空きがあるかお問い合わせください。なお、大腸カメラ検査は、検査前に医師の診察を受けて頂きます。

2ご来院・診察

当院にお越し頂いたら、詳しい症状などをお伺いして、医師が診察を行います。検査中に大腸ポリープが見つかった場合の対応や鎮静剤の使用などを決めていきます。その後、ご希望の検査の日にちを決めていきます。

前日の食事

検査の前の日は、夜9時までに夕食を済ませてもらい、食事は消化しやすい食材をお選びください。その後は何も召し上がらずにご来院頂きます。水分摂取は適度に行って頂ければ問題ありません。

前日の内服薬

いつも服用しているお薬は、普段通り飲んで頂いて構いません。

3大腸カメラ前日

前日の食事

検査の前の日は、夜9時まで夕食を済ませて頂き、その後は絶食でお願いいたします。食事は消化しやすい柔らかい物で、いつもより少ない量をお召し上がりください。水分摂取はいつも通り行ってください。また、検査食も購入できますので、前日のお食事を自分で準備するのが難しい方はご利用ください。

前日の内服薬

下剤を事前にお渡しするので、前日の夜9時になったら服用して頂きます。

4大腸カメラ当日

当日の食事

絶食した状態でご来院ください。水分摂取にはお水やお茶をお飲みください。

当日の内服薬

下剤をご自宅で服用する場合は、医師の指示通りに服用して頂きます。腸内を空にしたら、検査開始する30分前までにお越しください。院内で下剤を服用する場合は、指定された時間にお越し頂いて、専用のお部屋で下剤の服用を開始して頂きます。

5問診・検査準備・検査開始

鎮痛剤や鎮静剤を使用する方はお薬を投与します。
大腸カメラ検査にかかる時間は10~15分程になります。
検査中にポリープなどの病変が見つかった場合、その切除や組織を採取します。

6検査終了・結果説明・お会計

鎮静剤を使用した方は、リカバリー室で覚醒するまで安静にお過ごし頂きます。
検査の結果は、撮影した画像を使用してご理解頂けるようにご説明していきます。何か分かりにくいことがある場合は、お気軽にご質問頂ければと思います。
生検やピロリ菌の感染の有無は、1週間程で結果が出ますので、分かりましたらお知らせいたします。

注意事項

  • 検査にお越しになる時は、締め付けの強い服装やベルトなどはお控えください。
  • いつも飲んでいるお薬がある方は、そのお薬自体かお薬手帳をご持参ください。
  • 検査が終わって1時間程経ったらお食事は可能になります。まずは水分を摂って頂き、少しずつ柔らかい物からお召し上がりください。
  • 鎮静剤を使用した方は、車・バイク・自転車の運転は控えて頂き、当院にお越しになる時とお帰りになる時は、自分以外の運転で帰るか公共交通機関をご利用ください。
  • 検査後に便に血液が混じっていたら、当院まで速やかにご連絡ください。
  • 大腸ポリープを切除した方は、3~7日間程度飲酒できませんのでご了承ください。
  • 生検(組織を採取する検査)をした場合には、その日の飲酒は控えて頂きます。

大腸カメラの費用

内容 費用(3割負担の場合)
初診代+血液検査代 約3,500円
大腸カメラ検査(薬剤料含む、検査のみ) 約5,500円
大腸カメラ検査(薬剤料含む、検査+生検) 約9,500円~16,500円
大腸ポリープ切除(薬剤料含む) 約27,000円~32,000円
合計 約9,000円~35,500円

※1割負担の方は、上記に記載の3分の1の金額になります。
※検査内容により費用の追加などが発生する場合もあります。

大腸カメラのよくあるご質問

便潜血検査で陽性と指摘されたのですが、受診した方がいいですか?

便潜血検査で陽性と指摘されたら、専門の病院で大腸カメラ検査を受けましょう。便潜血検査は病気の発見が目的で行われていますので、陽性の場合は大腸カメラ検査でより詳しく調べることが必要です。大腸がんのリスクが高まる40歳以上の方は、定期的に大腸カメラ検査を受けましょう。

下剤をあまり飲んだことがないので不安です。飲まないと検査できませんか?

下剤を服用して腸の中を空にしないと、正確に検査を行うことが難しい場合があります。 当院では、いくつか下剤の種類をご用意しておりますので、患者様に合った種類をご提案いたします。また、下剤を服用する場所もご希望に合わせて選択できますのでご安心ください。分からない点や不安な点は、お気軽に当院のスタッフにお尋ね頂ければと思います。

大腸カメラ検査が初めてなので少し怖いです。

当院は、医師が大腸カメラ検査における診察から検査、結果の説明までを行っております。また、検査に伴う痛みなども軽減できるように努めておりますので、安心して検査にお越しください。当院は高性能な内視鏡を使用し、精度の高い検査をご提供しております。どんな些細なことでも構わないのでお気軽にご相談ください。

検査の日に生理になってしまいました。生理でも検査できますか?

生理中でも検査は実施できます。タンポンを付けて頂き、検査にお越し頂けると幸いです。また、検査中に使用するゼリーが付くこともありますので、予備のタンポンもご持参ください。

保険で大腸カメラ検査を受けられますか?

ほとんどの場合は、保険で大腸カメラ検査が受けられます。ただし、医師が大腸カメラ検査の必要がないと判断し、患者様の希望により検査を行う場合は保険が効きませんのでご了承ください。